目標達成の後に来たもの


燃え尽き症候群か…。症候群とは同時に起こる一群の症候、シンドローム。2年間目標に掲げていたフルマラソンのゴールとともに突然運動する気力が失せてしまった。

レースの終わった当初は興奮がまだ少し残ってい たので、金曜日にスポーツクラブに行って走ったりウェイトトレーニングをしたり、スタジオに入ったりといつものように運動をしていた。終わった後は同じ荒 川マラソンに参加した人の輪が出来て盛り上がった。タイムを言うと初めてでそれなら次は絶対に4時間は切れるよ、という。トレーニングの方法まで教えても らった。少しその気になったが、フルは体を壊す危険性もあるので今回限りというのが細君との約束である(ハーフまでならというお許しはいただいている)。

レース一週間後、日曜日に朝起きるのが辛い。今 までは走れると思うだけで、まだ暗いうちから何度も目を覚まして、目覚ましが鳴る前に起きていたものだ。何度かこのまま寝ていようかと思ったが、やっと起 き上がって走った。しかしレース後なので距離を短くしたつもりの12kmがとても長い。折り返しの6km地点になかなかたどり着かない。落り返した後は歩 きたくて仕様がない。どこか痛いとか、悪いというわけではない。気力がなくなっている。気持がついていかない。

次の週は右下の親知らずを口腔外科へ行って抜い たので、激しい運動が禁止になった。右頬を腫らしたまま、運動をしてもいいかと一応は聞いてみたが、今週はやめておいたほうが良いというので、公然と運動 を休めて少しほっとしていた。口がそれほど開かないこともあって、あまり硬いものが食べられない。うどんや蕎麦を食べていたら胃が小さくなったようで,い つもより食べる量が減った。

次の日曜日、寝る前にトレーニングウェアを用意 して翌朝走る気でいたのだが、起きられない。まだ少し暗いうちに目は一度覚ましたのだが、そのまま起きる気にはなれなかった。大きな目標がなくなるとこう も変わってしまうものか。どんなに寒くても、台風の翌朝でも毎週早く起きてどこまでも走っていたというのが嘘のようだ。今ではそのことが信じられない。テ ンションを保ち続けることの難しさを知る。プロアマ問わず、スポーツ選手はすごいな、と思う。

トレーニングを積んでいる時は、レースが終わっ たらゆっくり寝られるから、もう少しの我慢だと思って頑張っていたが、ゆっくり寝ているのも寂しい。レースの後ひと月も経っていないのだからそう気にする こともないのだろうが、もう二度と走れなくなりそうに思えるほど気力が回復しない。

そうなることを想定してフルマラソンの前に4月 下旬にある10kmレースに申し込んでおいた。細君と一緒に走るつもりで申し込んだ。ここまでに気力を取り戻さないといけない。やっとレース一週間前に なって細君と一緒に河原を10km走ることが出来た。やはり走るのは楽しいと思えたことが嬉しい。これで朝起きるのが苦痛でなくなればよい。

10kmレースの当日。細君は初めてのレースで 緊張しているのが良く分る。ところがマサイは2日前から風邪をひいたようで、体調がすぐれない。レース前の体調管理は今まで万全であったが、緊張が緩んで いたらしい。こういうところにも気力消滅の余波は来る。熱はないが、風邪菌が体内にあるのは良く分る。途中体調が悪ければ棄権しても悔いは残らない。その 程度の気軽に望めるレースだった。当日体調は良くなったが、病み上がりには変わりはない。どんなスポーツでも体調が悪いときに行うと良いことはない。しか し会場に入ってゼッケンをつけるとだんだんその気になってきた。

スタート地点に並ぶ。いつもここで仲間と楽しそうにスタートの合図を待っている人たちを見てうらやましく思っていた。しかし今回は細君が一緒にいるので明るく出発できる。フルマラソンの時と同じ「Team Jesus」と背中に大きくプリントしたシャツを着て走る。何人がこれに気付いてくれるだろうか。米軍基地内のコースなので反応は多いかもしれない。大会プログラムの参加チーム名にもカタカナで「チーム・ジーザス」と入っている。

最初から昨年の記録更新を目標に走ったので、 ペースは速い。なので辛いレースだったが、気力は最後までもった。45分50秒で無事完走、自己記録を2分更新。走ることの再開というよりは、打ち上げと いう気持ちが強かった。しばらくは走ること以外のことを考えたい、と思った。初レースの細君も無事完走。

打ち上げ後の無力感は実にむなしく、力が何事にも入らない。12年も通っているスポーツクラブへすら行かれない。行っても気力がないままウェイトレーニングをしようものなら怪我につながる。

第二歴代誌18:16
彼は答えた。「私は全イスラエルが、山々に散らされているのを見た。まるで、飼い主のいない羊の群れのように。そのとき、主は仰せられた。『彼らには主人がいない。彼らをおのおのその家に無事に帰さなければならない。』」

10kmレースの2日後(フルマラソン完走後一 月以上たった)、夏のトライアスロンには出てみようか、と考えられるようになった。スイム750m、バイク20km、ラン5kmとオリンピックディスタン スの半分の距離。去年も出たのと同じ大会。これも苦しい大会だったのだが、完走の喜び以外全て辛いことは忘れ去っている。そのためには自転車から始める か。そして泳ぎも。しかし走ることに対してはなぜかワンクッション置きたかった。

もう走れなくなるのかな、と思っていたら教会で の会議でTeam Jesusの活動(マサイが各種スポーツ大会へ出場する時のチーム名。今のところメンバーは我が家3人だけ。走りながらの伝道を目指しているが、一緒に走 ろうと声をかけても大概いやがられる)への賛同の意見があったと細君がいう。「それなら私も応援するよ」ともいう。常日頃から細君の一言はとても重要な役 割を果たす。

であるならまた走るか。目標は伝道、教会内の人 のつながり。ゲンキンなもので、活動が認められて目標が出来たら早速気力が出てきた。翌日久し振りにスポーツクラブへ行って軽快に走って来た。汗がボタボ タたれるほど自転車もこいですっきりした。大会会場で走る前に輪になって感謝のお祈りをしたり、クリスチャンが元気に楽しく走る姿を一般のランナーに見せ ることが出来る日は近い。イエス様の光を輝かせる為に走る。さぁ2年以上はいてはき潰したジョギングシューズの代わりを買いに行こうか。

ハガイ書2:4
しかし、ゼルバベルよ、今、強くあれ。――主の御告げ。――エホツァダクの子、大祭司ヨシュアよ。強くあれ。この国のすべての民よ。強くあれ。――主の御告げ。――仕事に取りかかれ。わたしがあなたがたとともにいるからだ。――万軍の主の御告げ。――

戻る