見たこと、聞いたこと


スポーツクラブで運動を始めて8年半になる。結婚後いわゆる結婚太りをして体重が急増した。着るものがみんな きつくなったり、入らなくなったりした。このままではまずい、と妻と一緒にフィットネスクラブに入会する。2人で近所を走るとか何とかすればいいのだが、 自分達でやるのはまず続かない。そういう場所に行けば否応無しに運動できる。

 入会時の体重が73.5kg。おそらく人生の中で最も重い部類に入る。ウェイトトレーニングが出来れば、と 思って行ったのだが、プールも使えるし、エアロビクスも出来るという。汗をだらだらかいて何かしたというのは高校の体育の授業以来かもしれない。機械の使 い方を教えてもらって、マシーントレーニングをし、スタジオに入って初めてエアロビクスをする。流れ出る汗の爽快さにすっかり満足する。

 やっているうちに体重が減り出した。子供がいない時だったので、2人で週3回通う。体重はみるみる減ってき て筋肉が盛り上がってきた。こうなると取り付かれたようにむきになってやる。最も減った時期で63kgだったから、入会時より10kg減った事になる。今 は安定している。運動を始める前が66〜67kg、運動後64〜65kgといったところ。行く度に2kgは水分が汗になって出る。大きなペットボトル1本 分だ。

 おかげで人間ドックへ行っても何の問題もない。昔は冬になると家の中でも手足の先が冷たくて、寝る時は蒲団 に文字通りくるまっていたし、普段も妻よりは確実に一枚多く着ていた。気温の変化にも敏感で、年中くしゃみをしていた。ところが今は冬でも裸足で問題ない し、この前の冬は手袋もしなかった。体脂肪率は20才台という診断ですっかり気を良くしている。

 息子が産まれてから夫婦一緒に行かれないので、今は別々に週一回行っている。行けば2時間半みっちり汗をか く。5km走って、マシーントレーニングを一通りやり、エアロビクスで仕上げをする。最近はそれでも物足りなくて、風呂に入る前に腕立て伏せと腹筋運動 (特に腹下筋を鍛える)をやっている。その成果で42才の今、腹筋は綺麗に割れている。

 こうなると回りの皆にもそれを宣伝して回る。いや宣伝したくなる。運動の良さ。するとどうなるか。身を持っ て実証済みだから話やすいし、話すのにも熱が入る。捕まえる人毎にその効用を話し、運動するように勧めている。まるでフィットネス教のようなもので、それ はもう熱心にその布教に努めている。

 ある時ふと考えた。こんな熱心さをもってイエス様を語れないものだろうか。イエス様の弟子たちは見た事聞いた事をそのまま伝えたという。見た事聞いた事だから、自分の言葉でもそのまま伝えられるし、確信を持って力強く語れる。

 イエス様を語るというと、どうも神学を語るような思い違いをしかねない。聖書を調べて、調べた事を伝える。 しかし付け焼刃だから質問されるとしどろもどろになるのが心配。ところがそれでは誰も聞いてくれない。自分に何があったのかを語らなければ、人には伝わら ない。体重が減って、今この鋼鉄のような腹筋が出来た。良かったら触ってみてよ、と言うから聞く方も分かってくれる。

 11月は教会のイベントもたくさんある。12月はクリスマス会が何回かある。これは神の愛を伝える良い機会。

使徒の働き

4: 20 私たちは、自分の見たこと、また聞いたことを、話さないわけにはいきません。」

22: 15 あなたはその方のために、すべての人に対して、あなたの見たこと、聞いたことの証人とされるのですから。

 登戸エクレシアキリスト教会のクリスマス会は2002年12月21日、川崎市多摩市民館大ホールにて(17時半開演)。2002年12月24日はイブキャンドルサービス(教会堂にて)。

戻る