「御心に従います」


風邪かと思っていた母が近所の内科で診てもらうと実は心不全で、肺に水がたまっているという。薬をもらってきたが、利尿剤なので夜中に何度もトイレに行くのを見て、父はまだ寒い季節だしかわいそうだと言っていた。
その父が心臓付近の血管の詰まりを手術した話は以前書いた。手術は千葉の病院でしたのだが、さすがに遠いので、近所の大学病院にカルテなどを移動させてもらっていた。最近また苦しくなったのでそこへ行ってみると、検査はひと月に一回だと言われ、手遅れになっては大変だと心配になってきた。結局ホームドクターのアドバイスで、もとの千葉の病院で診てもらうことにしたという。
水曜日、以前手術をした先生に診てもらうと、すぐに手術しましょうということになった。それでは明日手術ということになって一旦帰って来た。カテーテルを入れての手術になるのだが、1泊2日になるという。さすがに母一人で残して行くのは後ろ髪を引かれるらしい。私は大丈夫よ、と母は言うのだが、心配である。
で、細君が1泊してくれることになった。計画としては、木曜日、父が病院に出かける、細君がマサイの実家に入り、昼、夜、朝の食事の面倒を見て、丁度金曜日は母がデイケアへ行く日なので、送り出し、昼過ぎに父が帰ってきたら交代して帰る、というものであった。
木曜日、予定通り父が出かけ、細君が食材を購入して現地入りをしてくれた。父は昔、心臓付近の血管の詰まりを砕いて開通させ、そこに血管の太さを保つものを挿入する、という手術を2箇所している。そこは今も問題なく順調に機能しているのだが、新たに3本目が以前のように詰まって来たらしい。そこを前回同様の手術をして血管の太さを保つものを挿入し、血管を2箇所広げてきた。1時間半の手術だったという。術後ベッドに寝ながら片手で打ったというメールで状況を知らせてきた。医学の進歩と医者の技術で無事に済んで、それを気軽に連絡してきているが、大変な手術だ。神様感謝します。
無事に済んだので翌日帰れると思っていたら、様子を見るために退院は明後日ということになった。そこで金曜日、会社を午後休みにしてマサイが交代することにした。ところが朝になって母がデイケアに行きたくないと言い始めた。父が電話で説得するが、うまくいかず、最終的には細君がうまく話してくれて出かけて行った。マサイは通勤途中に母がごねているという連絡を受けたので、一旦会社に行って、当面の仕事の処置だけをして、介護休暇ということにしてもらい、すぐに実家へ向かった。細君と交代。
母は16時過ぎに帰って来た。行けばいつものメンバーがいるので楽しかったと言っていたのだが、1日家を離れていると疲れる、父はどこへ行った?と同じことを何度も言う。説明をすると納得するのだが、また同じことを聞く。呼吸が時折走った後のようにハアハアいうのが気になった。肺に水がたまっているのが原因かと思って聞くと、本人は何ともないという。細君が作ってくれたものを温め、食べさせて薬を飲ませる。
翌日土曜日、父は会計がすいていたと言って思ったより早く昼前に帰って来た。母は病院の事も聞こうとしないでけろっとした様子だったという。病院のベッドで一晩心配していた父は拍子抜けしている。
翌々日の月曜日は母の(これも前に書いたが)骨折して診てもらった医者での定期健診だった。行って状態を診てもらうついでに他の医院で心不全という診断を受けたという話をすると、レントゲンを撮って、この病院に循環器系の医者が水曜日に来るので、良く診てもらえと言われた。この先生は専門外だから診断らしいこと言わなかったが、早くちゃんと診てもらわないと大変なことになると脅されてきた。
水曜日に再び行き、循環器系の先生に診てもらう。またレントゲンを撮った結果、診断は肺に水がたまった心不全ということで、薬を出してくれた。以前と同じ診断結果だが、処方された薬は違うものだという。1週間後に再度診てもらうことになった。即入院という事態を考えていたが、そうはならなかった。こちらも神様感謝します。
細君は毎朝の祈りでマサイの両親の健康について祈ってくれる。薬が効いたのか、翌朝母は調子が良かったらしい。以前同じ診断をしてもらった時にも薬をもらっていたのだが、それが切れた後診断に行かず、父も自身の病院のことが気がかりで、そのままにしたのがいけなかったかもしれないと反省していた。
近所の人はいつでも声をかけてくれと言ってくれたり、訪問してくれたりしているのだが、そろそろ2人で生活をさせることの限界が近づいているのかもしれない。子育てが終われば親の介護に専念できる。息子が大学を卒業するまで移動は無理としても、最速で来年の春移動が可能になる。来年父は86歳、母は84歳。実家を見回しながら、自分たちが移ってくるにはどうすればよいを考えるようになった。
ここには21年間住んでいる。静かで見晴らしも良く、野鳥の声も楽しめる。その前の新婚時代を過ごしたところを入れると、25年、四半世紀この地に根付いている。教会も近所にある。出来ることなら子育てをした思い出があちこちにあるここを離れたくはない。であるのでこれについては随分前から祈っている。転居することについては、神様の御心が行われますように。神様、御心にかなった最適な環境をお与えください。我々は神様の御心に従います。よろしくお願いします。

箴言
19:20 忠告を聞き、訓戒を受け入れよ。そうすれば、あなたはあとで知恵を得よう。
19:21 人の心には多くの計画がある。しかし【主】のはかりごとだけが成る。
19:22 人の望むものは、人の変わらぬ愛である。貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。
19:23 【主】を恐れるなら、いのちに至る。満ち足りて住み、わざわいに会わない。